​快禅データ

最強の愛情のホルモンと呼ばれるオキシトシンは、共感や思いやり、人とのつながりや、果てはあらゆる宗教がゴールにしている悟りといった境地にも関わるホルモンであると考えられています。オキシトシンが分泌されることで、ストレス軽減、うつの解消、トラウマからの解放など様々な心身の不調の回復につながると考えられています。

私たちは、快禅を実践した被験者(n=10)の唾液中のオキシトシン濃度(単位はピコグラム)が有意な上昇を示したことを確認しました。特に日常的に実践を継続している人ほどベースライン(普段のオキシトシン濃度)も高く、実践後の上昇幅が大きいことが分かりました。(2019, 高橋徳医師による実験データより)

オキシトシンを分泌させる生活を送ることが心身ともに「健幸」に過ごす秘訣です。私たちUNI H&H大学院では、オキシトシン健幸生活を送るための快禅の実践を推奨しています。

これらの実践を通じて、セルフケアを始めとした心身の健康増進、人格者の育成、脳機能の向上、パフォーマンスアップ、組織の人間関係の改善に寄与できると考えております。

オキシトシンホルモン計測データ(唾液)

・モーツァルトGST療法 5分

・SO-AM呼吸瞑想の実践 10分

​※SO-AM呼吸瞑想は呼吸瞑想・マントラ瞑想・ハミング瞑想・慈愛の瞑想を組み合わせた当大学院オリジナル瞑想法です。

​(注意集中型の瞑想法のため、マインドフルネス瞑想法とは実践内容が異なります)

15分後に唾液中のオキシトシン量を測ったところ、10人中、7人の濃度上昇が見られました。

上がった被験者は日頃から快禅を実践し続けていることが確認されました。

​(単位はピコグラム)

© 2018-2020 一般財団法人UNI H&H大学院