6a4601_e053bfabdf7542c9a792b2f2af4a8818_mv2.webp

​マスタープログラム

マスタープログラムでは快禅の基礎学をベースにインド最古のヴェーダ哲学、量子論、ポジティブ心理学、脳科学、生理学といったホリスティックな視点から純粋意識、ビーイングウェルの学びをさらに深めていきます。

マスタープログラム修了者は健幸・ビーングウェルに関する研究や新しいビジネスモデルの構築など、多岐に渡り活躍されています。

マスタープログラムでは以下のことをプロジェクトとして取り組んでいくものとする

1

独自開発した*SO-AM快禅エクササイズをはじめとする教育ツールと、アート・ビジネス教育・セルフケア等におけるビーイングウェルに関する手法を、量子論、ポジティブ心理学、脳科学、社会脳学、経営学、グローバル社会研究等の科学的な分野から多角的な視点で、サイエンスをベースとして検証する。

2 

独自開発した教育ツールのデータとAIビッグデータを活用して、無から有を生みだせるリーダーを目指す。

無から有を生み出す人材の大学院の定義

データ識別力・​ビジネス実装力=利他力(無執着)

企業や個人に対する意識改善の快禅のアプローチに限らず、メンタルヘルス、教育分野、医療従事者のケア、教育機関での学生の集中力や創造性アップ、その他の多様な領域へコンサルティング事業として展開し、地方自治体、企業、のSX(サステナブルトランスフォーメーション)やDX(デジタルトランスフォーメーション)をのリスキリングを推進し、さらに国際社会への新しい生き方のシステムデザインの提言にもつなげる。

独自の学問や、開発した教材プログラムを応用・活用して日本の新しい独自性のある観光産業の創造を目指し、地方と国際社会をつなぐグローカル戦略として、地方創生の「SRCV文化村プロジェクト」を推進する。

具体的には地方自治体、集落や過疎化が進んでいる村や離島を中心に新しい観光体験型プログラムをテクノロジー(WEB3・DAO・メタバース)を活用して創造し、グローバル社会にビーイングウェルの概念を日本の新しい快禅文化として提唱していく。

​海外文化発ではなく、日本文化発の産業を無から生み出し、響き合いながら創造していくリーダー育成、文化村プロジェクトの推進から世界中の人々が「幸せを感じる技術」「感謝、利他心、思いやりを持つ技術」を「当たり前」のこととして幹に持ち、本来の宇宙の法則に沿った本来の生き方に気づき、世界平和を目指す活動となることを目指す。

kaizen-circle1.png

対象者

快禅学アドバンスコース修了者

(快禅学士)

カリキュラム

①実践ヴェーダ禅学

②ポジティブ心理学

③量子医科学

3時間×24回 合計72時間

教材一式

聖なる科学

スーパーブレイン

脳はここまで解明された

マインドエクササイズの証明

社会脳・DMNネットワーク

開催日程(​毎月)

第2日曜日 9時00分~11時00分

第4月曜日 9時00分~11時00分

開催時間

場所:オンライン(ZOOM使用・別途案内)

受講費用

年間総額:990,000円(税込・教材一式込)

​※2年目以降は月額9,900円

 

※お支払いは銀行前振込またはカード決済のみ

※対応カードはVISA / MASTER / AMEX

申込方法:事務局までお問い合わせ下さい