KAI-ZENが脳内ホルモン、オキシトシンに及ぼす影響・メカニズム

 

KAI-ZENが​愛情ホルモンのオキシトシンの分泌にどう関わっているのかのメカニズムやシステムを解明することが目的として行いました。



【実験実施機関】一般財団法人UNI H&H大学院
【実験実施場所】一般財団法人 UNI H&H大学院
【実験対象者】主な疾患の無い健常者対象

 

被験者 10名

臨床監修 

高橋徳 医師


【実験内容】 オキシトシン計測キットを使い唾液内のホルモン計測
①SO-AM瞑想・ハミング・モーツァルト音楽及び、MOZART GSTを聴く前に 唾液を採取。
②SO-AM瞑想・ハミング・モーツァルト音楽及び、MOZARTGSTを聴いた後に唾液を採取。


【使用楽曲】 通常モーツァルト:モーツァルト音楽はバイオリン協奏曲第4番二長調K218第3楽章、バイオリンとピアノのためのソナタ第34番変口長調K378第1楽章、カサッ シオンK63第5楽章
MOZART GST:HEALTH&HAPPINESS


【参考文献】 人は愛することで健康になれる(高橋徳):[1]トマティス、アルフレッド:「モーツァルトを科学する」( 窪川英水訳)、日本実業社、東京、1994. [2]佐巻優太, 多田大希, 渡邉志, 白濱成希, 中谷直史, 冨田雅史, & 森幸男. (2016). 超音波領域における1/f ゆらぎ音がもたらす心身ストレス緩和効果の一検討. バ イオメディカル・ファジィ・システム学会大会講演論文集 (No. 0; Vol. 29, pp. 103–106). バイオメディカル・ファジィ・システム学会. https://doi.org/10.24466/pacbfsa.29.0_103 [3]和合治久(2006). 「心体美を守る音楽療法ーモーツァルト音楽の活用ー」日本心体美学会誌,vol:2,no.1 [4]村越英樹, 清山信正, 今井篤, 都木徹, & 石島辰太郎. (2012). 速聴トレーニングによる速読速度の向上について. 日本e-Learning学会誌 (No. 0; Vol. 12, pp. 33– 38). 特定非営利活動法人 日本e-Learning学会. https://doi.org/10.32144/jela.12.0_33 [5]Buchweitz, A., Mason, R. A., Meschyan, G., Keller, T. A., & Just, M. A. (2014). Modulation of cortical activity during comprehension of familiar and unfamiliar text topics in speed reading and speed listening. Brain and Language (Vol. 139, pp. 49–57). Elsevier BV. https://doi.org/10.1016/j.bandl.2014.09.01

スクリーンショット 2020-02-17 13.23.16.png

普段からSO-AM B-ZEN MDの実践、MOZART GSTの音源を聞いている被験者と聞いていない被験者で比較。

呼吸法瞑想とハミングと合わせての実験だったが、普段から聞いている被験者(n=10)の

唾液中のオキシトシン濃度(単位はピコグラム)が有意な上昇を示したことを確認しました。

​特に日常的に継続している人ほどベースライン(普段のオキシトシン濃度)も高く、

実践後の上昇幅が大きいことが分かりました。(2019, UNI H&H大学院による実験データより)