光の空のフル

修士課程コース

Confident male leader, coach talking with multiracial group of office workers, having good

​学びの目的

瞑想も続けられないことは学問的にも理解可能な時代に入っていますが、経営、ビジネスも同じで一時的に頑張って結果を出せる方が多いですが、長期的に結果を出し続けることは難しいのが現状です。

世界的に見ても100年以上続く企業は少なく、創業から5年後の企業生存率は15%、創業10年以上続く確率は6.3%程度、16社の内、1社しか生き残れません。20年後は0・3%なので、99.7%は廃業していると言うことになります。

経営者、リーダーが一時的な成功に囚われていると、変化に適応する能力が発揮されないので、廃業してしまっているのがデータからも理解できます。

21世紀に入り、情報・データ社会は変化のスピードがとても速く、2~3ヶ月前の情報が通用しないという現実があります。

そしてこれからは2030年までには6Gに移行、AI・データ・量子コンピューターの掛け合わせで予測不可能なスピードで変化し続けていきます。

 

データサイエンス、プログラミングなどの技術はとても重要な時代ですが、それは不易流行の「流行」、やり方にすぎず、すぐに変わってしまうので、やり方ではなく、「不易」の「あり方」、変わらないもの、知識ではなく「叡智」を体得しておく必要があります。

​そのため、世界の大手テックジャイアントと言われる企業では常に変化に適応するための瞑想がスタンダード化しています。なぜなら、常に脳をクリアにして、新しい情報をキャッチできる柔軟性・レジリエンス力が必要だからです。

ですが、終身雇用制度が風習として残る現代日本社会の忙しいビジネスマンにとって、毎日瞑想の時間をとるのは難しいのが現状です。

さらに大変という漢字からきているとおり、大きな変化は脳がブロックしてしまい、元の状態に戻してしまいます。

脳は変化を嫌うので、小さな変化を小さく続けていくことが重要です。

従来の考え方では、苦しんだ先に答えがある、苦行が美とされてきましたが、生理学的に見ても脳は楽で簡単なことしか続かないことも理解されてきており、「楽をする」の「楽」は楽しいという漢字からきている通り、人間は楽しいことしか続かない、脳は小さく変化し続けることが最も楽しいと感じるようにできていて、楽しい、快の状態だと常に変化適応できるレジリエンス能力が発揮されることを考えると、人の言われた通りに働くのではなく、目的意識を持って楽しく好きなことをやっている状態でない柔軟性、創造性は働きにくいということが理解できます。

新型コロナウイルス、脱炭素、カーボンゼロ、SDGs、ESG投資、サステナブルな社会、ビッグデータ時代、AIテクノロジーの急激な発展、6G、量子コンピュ―ターなど従来とは比較できない過去の延長線上にない未踏社会に入っています。

変化の激しい時代に柔軟に対応し続けるトランスフォーメーション力、レジリエンス力を哲学、科学を通して学び、新しい時代を響き合いながら0から新しいデータ、システムを生み、共に構築していく真のリーダーの育成を目的としています。

究極-哲学-質問-世界-宇宙-存在.jpg

修士課程カリキュラム(2年制)

一定の科学的知識を要するもの(理学修士以上対象カリキュラム)

 

1年目

無意識セルフイメージ・NLP(ポール・マッケンナ)

ヴァージン哲学・稲盛哲学・禅資本主義

選択の法則・PQ理論(ショーン・エイカー)

幸福学・フロー理論(ミハイ・チクセントミハイ)

システム1とシステム2(ダニエル・カーネマン)

脳の三重構造・スーパーブレイン(ディーパック・チョプラ)

テロメアエフェクト(エリザベス・ブラックバーン)

ハートマス研究・脳と心の科学 ・モーツアルト・トマティス理論

情緒の教育 岡潔・鈴木メソード バイオリン

自我を作らない教育・シュタイナー教育・グレンドーマン教育

自律訓練法・アナパーナサティ

スーパーラーニング・サジェストペディア

 

2年目

社会脳・デフォルトモードネットワーク理論

脳の中の水分子・意識の科学・テラヘルツ

サイバネティクス(ノーバート・ウィナー)

シュレディンガー理論・量子論

ヴェーダサイエンス・超紐理論

相対性理論・成功は科学的に証明できるのか?

スモールワールドネットワーク

脳の9つのブロック、脳の12神経

原始仏典と聖書のつながり

あるヨギの自叙伝・ヨーガスートラ

ナーマスマラナ

聖なる科学・ホーリーサイエンス

開催日程

毎月第2日曜日と第4月曜日

 

申込・支払方法

2021年度は申込受付終了いたしました。

​2022年度の受付は1月から開始、3月中旬締め切り予定です。

事務局までお問い合わせ下さい。